株式会社西日本流体技研ホームページ−試験・研究受託 回流水槽・風洞製造

株式会社 西日本流体技研
WEST JAPAN FLUID ENGINEERING LABORATORY CO.,LTD.
English Korean
HOME会社情報新着情報業務案内採用情報お問合せアクセスサイトマップ


水すまし


水環境の復元・蘇生に向けて 用途別 水理現象の活用

目的・用途

「水すまし」は小規模のダム・湖沼に設置し、太陽の光(ソーラー)で水の流れを作りだし、本来水が持つ浄化能力を高め、生態系の再生力を蘇らせる「水質改善装置」です。
 
※流量が大きい外部電源駆動型もあります。


特長
水の循環は「下から上へ」の対流方式です
水系の底部から上昇させた貧酸素状態の水を水面近くまで上昇させ,空気と接触させて酸素を取込み循環させます。
水面近くの水の流れを起こすことにより、太陽光の紫外線で効果的にさらすことで、紫外線の持つ滅菌作用で水の腐敗を防止します。
効率良い湧昇流が発生します
大量の水をゆっくり動かす(スクリュープロペラ方式)を採用し、最も効率の良い上昇流(湧昇)を発生させます。
太陽電池が利用できます
太陽電池を利用した場合、ランニングコストを抑えることができ、完全にクリーンなシステムを構築することが可能です。


仕組み


仕様

型 式 流 量 出 力 電 源 適用水深(m)
SWB25W 120t/h 25W ソーラー 1〜5
EWB25W 120t/h 25W AC電源 1〜5
SWB40W 240t/h 40W ソーラー 1〜5
EWB40W 240t/h 40W AC電源 1〜10
EWB90W 360t/h 90W AC電源 1〜20



繝輔ャ繧ソ繝シ

譬ェ蠑丈シ夂、セ 縺企崕隧ア繝サFAX縺ァ縺ョ縺雁撫縺蜷医o縺 繝。繝シ繝ォ縺ァ縺ョ縺雁撫縺蜷医o縺