特徴

ABS(音響式気泡分布計測システム)は、二台のハイドロホンを用いて液体中の気泡径分布とボイド率を音響的に計測する装置です。
 光学的な方法と比較すると、ABSは手頃な価格で、簡単に使用できます。
 光学的方法では、気泡とその他の固体粒子を直接に分別することが困難ですが、ABSの基礎となる音響技術は気泡に対してはきわめて敏感であると同時に、固体粒子には鈍感であり、両者を識別することが可能です。

計測画面

すべての計測と解析は、扱いやすいGUIを通して簡単に実行できます。ユーザーは、すべての物理的、実験的及び解析的なパラメータをダイヤログボックス上で変更することができます。

周波数毎の気泡個数

ABSは、気泡径分布や、気体と液体との間の体積比や、接触面積等に関する知識が重要である広範囲な気液二相流の実験に使用できます。この分野は、海洋学、実験室での流れの実験、生物医学の計測器を含んでいます。

送信波形及び受信波

この装置は、ほぼリアルタイムで計測結果を出力できるため、プロセスあるいは時間変動をとらえる必要がある現象への応用に最適です。

音響式気泡分布計測システム(Acoustic Bubble Spectrometer, ABS)は、Dynaflow社の製品です。
弊社は、Dynaflow社の日本代理店としてABSシステムの販売を行っています。 

Dynaflow社へはこちらから

製品カタログ

音響式気泡径分布
計測装置(ABS)

超音波信号を利用して液体中の気泡径分布を計測するシステムです。