研究開発では、船舶・海洋・河川・航空・スポーツ・レジャーに至る幅広い分野のお客様の製品開発・研究開発をサポートいたします。EFD(実験流体力学)とCFD(数値流体力学)による技術開発に取り組み、次世代の計測・解析システムの構築に挑戦し続けます。

水中ロボットに関する開発

海洋調査用曳航体

小型水中ロボット

自立型水中ロボット

スポーツ・レジャーに関する研究

水泳のトレーニング方法の研究

弾性体模型による水着・キャップ・ゴーグルの抵抗試験

フィッシングルアーまわりの流れの可視化

音響式気泡径分布計測システム

2台のハイドロホンを用いて液体中の気泡核分布とボイド率を音響的に計測します。パソコン1台で計測と解析が可能です。
気泡計測範囲:5μm~500μm

計測装置

ハイドロホン

CFD(Computational Fluid Dynamics)による流れのシミュレーション

CFDは空間的な現象の理解、実験コストの削減に対して強力なツールです。弊社の豊富な実験スキルを駆使して、シミュレーションの精度向上と適用範囲の拡大を進めています。

船底まわりの流れ

自由表面をもつ船体まわりの流れ

水力発電用タービンまわりの流れ

プロペラボスキャップフィンの開発・設計

プロペラ後部にあるボスキャップに装着されたプロペラと同じ枚数のフィンの効果により、ボスキャップの下流に発生する渦を拡散・減少させます。その結果、造渦による誘起抵抗を削減してプロペラ効率を改善させます。

特徴
  • 磨く程度のメンテナンスで効果持続
  • 3~5%の省エネルギー効果(CO2排出量削減)
  • 採用実績 3,250隻以上!!(2018年現在)
  • 日経地球環境技術賞 優秀賞 受賞
海洋環境保全への貢献
カナダ バンクーバー港 ECO ACTION PROGRAMによる設備認定
(2017年1月1日~)
※水中音響騒音が海洋生物に与える影響を低減する技術と選定され、入港税26%低減。

PBCFあり

PBCFなし

スロープ・ステップ切り替え式タラップの設計・製造
  • スロープ・ステップ切り替え式により、歩行部角度に応じたスムーズな移動と車椅子の乗り降りが可能。
  • ボタン操作で歩行部の電動昇降が可能。
  • 太陽光発電によるバッテリー充電で電気設備不要。
  • 軽量構造により操作は2名で可能。