トップページ » 業務案内 » 船型開発
a

船型開発

船型試験とは、実際の船の大きさを縮小した模型船を使い、実船の性能を推定するための試験です。船型開発では、船型検討と性能推定試験の2段階で船型試験を行われ、設計仕様を満たす最適な船型を導きだします。模型船製作では、お客様の大切な船型データの取り扱いに細心の注意を払い、線図作成から模型船切削まで一貫しております。

船型開発の一例

短期間&低コストで一般商船、漁船、作業船の船型開発を年間55隻以上、累計2400隻以上(2018年現在)行っています。

試験の一例

抵抗試験

自航試験

斜坑試験

PMM試験

流線観察試験

船体表面の流れ

改良前と改良後の模型船が造る波の違い

改良前

改良後

模型船ができるまで

STEP1

船体線図作成

STEP2

3Dデータ作成

STEP3

切削ロボットによる模型船の削り出し

STEP4

専任技術者による最終仕上げ

STEP5

完成

各種模型製作

各種模型試験を可能にするため模型船の開発・、製作の他にも、船舶、ブイ、アンカー、曳航体、河川構造物など広範囲にわたって製作しております。

マリーンエクスプレス水槽試験用模型 (九州大学殿納入)

各種模型製作

6軸多関節ロボット

主として硬質ウレタン製模型船の製作に活用しています。切削可能な模型船最大長さは約3,000mm、最大幅は約600mmです。切削可能な材料は、硬質ウレタン等の樹脂および軽金属です。

3Dモデリングマシン

比較的小さい模型部品の製作に活用しています。切削可能範囲は400mm×400mmで、切削可能な材料は、樹脂および軽金属です。

大型木製模型船切削機

長さ約6,000mmまでの木製模型船の製作に活用しています。

プロペラ切削機

直径約250mmまでのプロペラ切削機です。プロペラの材質はアルミニウム合金です。

製品カタログはこちら