本装置は、マイクロバブルに関連する研究開発をサポートするために、主に実験室用として開発されました。実験槽内に発生した気泡径分布の計測結果と共に提供します。

マイクロバブル発生原理

本装置は、自吸旋回方式による気泡発生機構を採用しています。
 本方式では、吸入口から取り入れられた気体はポンプインペラのせん断力により粉砕され微細化します。加圧方式と比較して、高い生理活性機能を持っていることが研究されています。

特徴
  • 発生気泡分布が既知の条件下での実験が可能
  • 均一な気泡径分布
  • 自吸式であるためコンプレッサが不要
  • 必要に応じて、あらゆる気体を安全に利用可能
  • 少量のサンプルでの実験が可能小型で省スペース

マイクロバブル発生状況(海水中)

機器名称および仕様
形式 翼車式
測定範囲 主流方向を0degとし全方向に迎角25degまで
流速 0.5~2.0m/s
精度 流向±2deg、主流速±3%

気泡径分布計測結果
[超音波式気泡径分布計測装置(ABS)による計測結果]

発明者・・・有明工業高等専門学校 氷室教授

製品カタログ

マイクロバブル発生装置

マイクロバブルに関する研究開発をサポートするための実験室用として開発されました。