長崎県立猶興館高等学校の企業説明会に参加しました

2021年10月25日(月)に長崎県立猶興館高等学校で行われた県内企業説明会に参加しました。

全校生徒全員参加で行われた今回の説明会は、進路指導の一環として、県内企業の魅力を知り、理解を深め視野を広げるとともに、ふるさと長崎県への思いを育て、県内への就職を促し、地元定着を図る目的で行われました。

生徒は事前に3社の企業を選択し、各教室に1社配置された企業の教室を回り、説明・質疑応答を30分受講するという形式でした。

弊社を受講した生徒達は、熱心に耳を傾けていました。

この説明会で、県内企業に興味を持っていただき、就職活動の際はぜひ県内企業を候補に考えてもらえればと思います。

 

 

 

 

 

2021年10月25日

長崎県立長崎明誠高等学校の2年生37名が見学にいらっしゃいました

2021年10月20日(水)に、長崎県立長崎明誠高等学校の2年生37名が見学のために来社されました。

今回の企業見学会は、2年生という早い内に県内企業を知るきっかけを作り、県内企業の魅力を知って今後の進路選択の一助とするために行われています。

 

まず初めに会社説明を行いました。

その後、社内見学を2グループに分かれて行いました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月20日

2022年度入社 内定式を行いました

2021年10月1日に、2022年度入社 内定式を行いました。

今年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、オンライン形式での開催となりました。

内定式では、社長挨拶や内定証書授与式などを行いました。

入社まであと半年ですが、卒業までの学生生活を精一杯楽しんで、充実した時間を過ごされることを願っています。
社員一同、皆さんの入社を心から楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

2021年10月1日

第26回社内技術発表会を行いました

2021年9月10日(金)に、社内技術発表会を行いました。

担当したプロジェクトに関する2件の発表が行われ、活発な意見交換がされました。

 

 

 

 

 

 

2021年9月10日

9月15日(水)23時から、TSIによる最新のレーザードップラー(LDV)および位相ドップラー(PDPA)測定用システムのウェビナー(無料)が開催されます

 

 

内容:最新のレーザードップラー(LDV)および位相ドップラー(PDPA)測定用システムのご紹介

      • 今まで測れなかったものが測れるようになる?
      • データレートを上げることで、フロー統計にどのような効果があるのか?
      • PDPAの「濃いスプレー」とは何か、またその測定に重要なパラメータは何か。

 

開催日時:9月15日(水)23時(日本時間)

参加費:無料

申込方法:事前登録(参加をご希望の方はこちらから登録していただくか、弊社までご連絡ください)

 

皆様のご参加をお待ちしております

 

 

 

 

 

2021年9月8日

夏季休暇日のお知らせ

弊社の夏季休暇日を下記の通りとさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

2021年8月13日(金)~16日(月)

※2021年8月17日(火)からは、通常通り営業いたします。

 

休暇中もホームページからのお問い合わせは受け付けておりますが、返答は2021年8月17日(火)から順次対応させていただきますので、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

2021年7月19日

第25回社内技術発表会を行いました

2021年7月9日(金)に、社内技術発表会を行いました。

担当したプロジェクトに関する2件の発表が行われ、活発な意見交換がされました。

 

 

 

 

 

 

2021年7月9日

風力と水素を活用したゼロエミッション事業「ウインドハンタープロジェクト」の実証実験を佐世保市で始めます

株式会社商船三井殿と、株式会社大内海洋コンサルタント殿は、「ウインドハンタープロジェクト」をスタートさせています。

「ウインドハンタープロジェクト」とは、洋上風エネルギーを利用する帆の技術と、この風エネルギーで造った水素による安定エネルギー活用技術を組み合わせた事業です。この開発が脱炭素社会・水素社会の実現に向けた一歩となる事を目指しています。

弊社は、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所海上技術安全研究所殿、国立大学法人東京大学大学院新領域創成科学研究科殿、一般財団法人日本海事協会殿、みらいえね企画合同会社殿、株式会社スマートデザイン殿と共に同プロジェクトに参加しています。

9月から12月に佐世保市で行う実証実験では、セーリングヨットを用いて洋上風のエネルギーによる発電、水素生産・貯蔵、燃料電池推進の一連のサイクル運用の機能・性能の実証を行います。今後は、全長60m級の帆船でも実証実験を行い、2030年までに大型輸送船の建造を目指しています。

6月3日(木)、プロジェクトチームは佐世保市長を表敬訪問しました。

6月3日(木)佐世保市役所訪問(中央の朝長市長の左が弊社石井社長)

 

 

 

 

2021年6月3日